怒って大声を出す君と突風

「オムライス」について、どのように感じているかな。「師匠」って、普段ではどんな感じで思われているのかな?べつに真面目に考えたりするってことも無いよ。

「オムライス」について、どのように感じているかな。「師匠」って、普段ではどんな感じで思われているのかな?べつに真面目に考えたりするってことも無いよ。

目を閉じて体操する妹と枯れた森

非常に甘いお菓子が好きで、甘いお菓子などを自作します。
普通に自分で混ぜて、オーブンで焼いて作成していたけれど、このごろ、ホームベーカリーで焼いてみた、とっても手軽でした。
こどもにも食べさせるので、ニンジンを細かくして混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養が摂取できるように気を付けている。
甘味料が少なめでもニンジンや野菜の甘味があるから、笑顔で口にしてくれます。
ここ最近は、スイーツ男子なんて言葉もメディアで言っているから一般的だけれど、しかし、昔は、お菓子を作っているといったら不思議に思われることが多かったです。
このごろは、お菓子をつくる男が増えたねと言われたりします。

気分良く熱弁する友達と枯れた森
大学生の時、株に興味をもっていて、買いたいとおもったことがあったけれども、しかし、たいしたお金ももっていないので、買うことが出来る銘柄は限られていたから、あんまり魅力的ではなかった。
デイトレードにも興味があったけれど、一生懸命得たお金が簡単になくなるのも怖くて、購入できなかった。
証券会社に口座は開設して、使用する資金も入れて、クリック一つ押すだけで購入できる状態に準備したけれど、怖くて購入できなかった。
汗水たらして、働いて稼いでためた貯金だから、稼いでいる人たちから見たら少なくてもでも大きく減ってしまうのは怖い。
けれども一回くらいは買ってみたい。

天気の良い休日の晩にカクテルを

生まれた県が違うと食生活が違うのをいっしょに暮しだしてから非常に分かるようになった。
ミックスジュース飲む?と家内からいつだったか聞かれ、コンビニででも買っていたのかなと考えたら、地元では作るのが一般的らしい。
バナナやモモやらと氷を加えて、普通の牛乳を入れてミキサーでミックスして完成だ。
家で味わい飲んだのは初めてだったが、ものすごく感動した。
美味だったし、楽しみながら、私も作り飲んでいる。

余裕でダンスする彼とファミレス
今のようにネットが普及するとは、中学生だった私は予測ができなかった。
物を売る商売の人は今の時代競争が激しくなるのではないかと思う。
パソコンを使用し、できるだけ安価な物を探すことが難しくないから。
競争が激しくなったところで、ここ最近で見かけるようになったのが、集客アップを目的にしたセミナーや商材販売だ。
最近、手段が売れるようになっていて、何が何だかよくわからない。
方法が目的になってしてしまいそうだ。

暑い月曜の昼に昔を懐かしむ

8月に、那覇へ働きに向かった。
もちろんめっちゃあつい!
Uネックの上着の上に、スーツの上着。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、スーツのジャケットは滅茶苦茶に。
泊まり先にについて、ジャケットを洗剤で洗った。
乾いたらそのジャケットは桃の匂いが続いた。
上着が痛むのではないかと気になったけれど、それでも洗った方が賢明だと思っていた。

ひんやりした仏滅の夕方は料理を
明日香は、学校で一番に一緒に居るようになった親友だ。
明日香ちゃんの良い部分は、可愛くて、細かい事はどうでもいいという寛大さ。
私の方から、仲良くなりたいと言ったそうだが、たしかに、そんな気がする。
遊びに行くと、ほとんどの事が単純化されるので、とてもほっとする。
細身でスキニーなのに夜、おなかがすいてハンバーグを食べに行ったりするという。

騒がしく吠えるあの人と紅葉の山

「とにかくこうで当たり前だ!」など、自分自身の価値観のみで周りを判断するのは悪い事ではないと思う。
だけど、世の中には、個性と言うものが人間の周りにまとわりついてくる。
この事を頭に置いておけば自信を手に入れるのはGOODだけど、きつく反論するのはどうなんだろう?と思う。
当然、これも一つの意見でしかないんだけれど。
暮らしにくい世間になる可能性のあるかもしれない。

暑い大安の深夜は食事を
やりたいとは別に思っていなかったけれど、筋トレくらいある程度でもしないとなと今日この頃考える。
仕事が変化したからか、このごろ、歩く事がとっても減り、体脂肪が大変増した。
また、年も関係しているかもしれないけれど、お腹周りにぜい肉が増えてきて、めっちゃ自分でも見苦しいと思う。
ある程度でも、筋トレしないとまずい。

余裕で自転車をこぐ弟と紅葉の山

打ち上げ花火の季節なのに、今住んでいるところが、観光地で土曜日に、花火が上がっているので、もはや見慣れてしまって、新鮮さも感じなくなった。
週末の夜、打ち上げ花火をあげているので、抗議もわんさかあるらしい。
俺の、住居でも花火の音がうるさくてわが子がびくびくして涙を流している。
一回、二回ならいいが、夏休み中、毎週、長い時間、大きな音が鳴り続けていては、嫌になる。
すぐに終わればいいのにと思う。

じめじめした大安の夕暮れに歩いてみる
毎年、梅雨が好きだ。
空気はじめじめしているし、外に出れば雨に濡れるけど。
理由として、子どもの頃、この時期に見られる紫陽花が美しく、それからこの花が咲くのを楽しみにしている。
長崎で知り合い付き合い始めた、シーボルトとお瀧さんの紫陽花の中での逢瀬をご存じだろうか。
オランダ人の中に紛れ込んで男の子ドイツ人のシーボルトが、紫陽花を見て「お瀧さんのように綺麗な花だ」と言ったそうだ。
梅雨にひっそりと咲く紫陽花を見ながら何回も、お瀧さん、お瀧さんと口走った。
それが変化して、あじさいはおた草と異名を持つようになったらしい。


ページの先頭へ